あさのえくこ(市民ネット運営委員)

友だち追加


だれもが参加し、よくなっていく。そんなつくばを次の世代に伝えたい。

新型コロナウイルスと共に生きることになり、不安と閉塞感でどうしたらいいの、という状況の中、助けられたのは思ったことを言い合える人のつながりでした。この感じ、『どこかで経験した』と思い当たったのは3.11(東日本大震災)のこと。

当時、3歳の息子を抱え、見えない放射性物質に右往左往。

つくば・市民ネットワークの話し合いの場に参加し、機械を借りて、気になる場所を測り、市の職員とも話しました。さらに議会での提案につなぎ、学校給食の測定、通学路の測定などが実現。議員に任せるのではなく、一緒に行動したからこそ‘声’を届けることができました。

そうしたつながりやアクションを「政治」と呼ぶなら、政治は他人事ではない。私のなかで「政治」の意味が変わりました。ひとりでは難しくても、みんなで考えることで解決のヒントが見つかります。一緒に「住んでよかったつくば」を作りましょう。

浅野英公子(あさのえくこ)


*浅野英公子のプロフィール
1961年 富山県生まれ、育ち。
1980年 富山県立富山高等学校卒業
1985年 東京外国語大学卒業
学習塾教室長、高校講師、オーガニック検査員など
2015年~ 甲状腺検診ボランティアリーダー(関東子ども健康調査支援基金)
2017年 つくばdeプレイパークひろめ隊立ち上げ(2020年6月まで共同代表)
2018~2020年 つくば市子ども子育て会議委員(市民公募)
2018~2019 年 つくば市放課後子供教室コーディネイター
2019年 吾妻小学校PTA会長

現 在 : つくば・市民ネットワーク事務局・運営委員
こども部会メンバー
家 族 : 夫、子ども一人と吾妻在住
趣 味 : 書評を読むこと、ライアー演奏