つくば・市民ネットワークについて

つくば・市民ネットワークについて

私たち「つくば・市民ネットワーク」は
「暮らしの中のさまざまな問題を、他人まかせにせず対話を通して解決」し、
「すべての人が自分らしく生きられる社会」をめざします。

そして、「暮らしはそのまま政治です」をモットーに、市民の声をまちづくりに活かしていきます。

その一つとして、会員から「代理人」を選出し、3つのルールに基づいて議員として議会へ送り出しています。
議会での活動は、市民感覚を大切にし、市民ネットのメンバーとともに取り組んでいます。2004 年からこれまで4期6人の「代理人」が誕生しています。

つくば・市民ネットワーク 3つのルール

1. 議員は原則2期最長3期で交代

市民ネットの議員(代理人)は原則2期8年で交代し、職業化・特権化しません。世代交代を進め参加の層を広げます。任期を終えた代理人は地域の活動にその経験を生かします。


2. 議員報酬は市民の活動費報酬は市民の活動費

市民ネットの活動はカンパで支えられています。議員も議員報酬の約半分を寄附し、調査・研究・学習など市民の活動費に使います。お金の流れは公開し、政治資金の透明化を図っています。

3、選挙はカンパとボランティアで

議選挙は政治参加の入り口です。みんなでお金(カンパ)と知恵や労力(ボランティア)を出しあって、選挙を行います。

つくば・市民ネットワークのこれまでのあゆみ

2003年生活クラブ生協茨城つくば支部の有志により、つくば・市民ネットワークを発足
2004年代理人永井えつこ、せとゆみこの2 名がつくば市議会議員選挙で当選
2005年「つくば・市民ネットワーク通信」創刊(年4回)
つくば市に対して政策全般にわたる提案を行う
(以降、毎年実施)
2006年大豆畑トラスト運動inつくばを立ち上げ
2008年永井えつこ、せとゆみこの2名、つくば市議会議員選挙で再選
2012年北口ひとみ、うののぶこ、皆川ゆきえの3 名、つくば市議会議員選挙で初当選
2015年事務所をつくば市二の宮に移転
2016年市議会議員選挙で4人の代理人に
(北口ひとみ、うののぶこ、皆川ゆきえ再選。小森谷さやか初当選)
2016 年推薦した五十嵐立青氏 市長に当選

つくば・市民ネットワークが働きかけて実現したつくば市の施策

2006 年市内全小学校へ司書補助員を配置。
遺伝子組み換え作物の栽培に係る対応方針を決定。
2007 年学園地区の住宅地の高さを制限する条例を制定。
2008 年レジ袋の無料配布を中止する協定を締結。
2009 年保健師による新生児全戸訪問事業開始。
2011 年市議会本会議のインターネット中継開始。
2012 年議会改革(一般質問を3回方式から一問一答方式へ)
2013 年市庁舎に放射線測定器(ゲルマニウム半導体検出器)設置
2014 年議会基本条例を制定。
2015 年議会改革(各議員の議案に対する賛否公開。議会主催の議会報告会の開催)
総合運動公園基本計画についての住民投票実施
基本計画白紙撤回
2016 年期日前投票所をBiviつくばに設置
2017 年地域包括支援センターが市内2か所に新たに設置(全3か所)
期日前投票所がイオンモールつくば、筑波大学附属図書館に設置
議会傍聴時の議案書閲覧が可能に
2018年つくバス・つくタクの再編
期日前投票所がイーアスつくばに設置される
市民参加に関する指針や要綱が多数制定

運営委員会・総会

つくば・市民ネットワークでは

・4年ごとに中期計画を策定します。
・年1回、総会を開催し、活動方針と政策を決定します。
・具体的な活動については、総会で選出された運営委員による運営委員会を月1回開催し、話し合って決めています。