川村直子(市民ネット運営委員)


友だち追加

声をあげづらい人のことを一番大切に考える社会になれば、誰もが自分らしく、ありのままに生きられる

社会福祉を学び、社会貢献事業やボランティア活動に携わってきました。
つくば市で子育て仲間に恵まれましたが、一方それまでの学びや経験から離れてしまい、自分の関心がある社会のことについて話せる相手がいない生活に、孤独感がありました。

その頃、活動を始めたばかりのつくば・市民ネットワークに出会い、ともに活動するようになりました。子どもたちの成長に伴って、様々な役員やボランティア活動も経験し、そこで生まれた人との繋がりが私の財産です。

新型コロナウィルスの影響による休校や自粛生活を経験した今、政治は生活に直結しており、その政治を選んでいるのは自分たちであることを、多くの人が感じているのではないでしょうか。

つくば市にも、生きづらい人、孤独に陥っている人、何かに困っている人がいます。私はその人に寄り添い、声を聞き、ひとりぼっちにしない仕組みを作りたい。声をあげづらい人のことを一番大切に考える社会になれば、誰もが自分らしく、ありのままに生きられると思います。
つくば市からそんな社会をつくっていきませんか。

川村直子(かわむらなおこ)


川村直子プロフィール
1972年 新潟県新潟市生まれ
1990年 新潟明訓高等学校卒業
1994年 日本福祉大学社会福祉学部卒業 社会福祉士国家資格取得
1994年~ 日本聖公会中部教区名古屋学生青年センターに勤務
路上生活者、DV被害者に関わるボランティア活動をする
2004年~ つくば市に転居 二人の子どもを育てる
2006年 小学校教員免許取得
2009年~ つくば・市民ネットワーク運営委員
2011年 生活クラブ生協茨城つくば北支部委員
2012年~ 放射能汚染から子どもを守ろう@つくば代表
小学校での読み聞かせボランティア、スポーツ少年団の役員等
2017年 つくばdeプレイパークひろめ隊の立ち上げに関わる
2019年 竹園東中学校PTA本部役員

現 在:つくば・市民ネットワーク 運営委員 子ども部会
    花園在住 夫と子ども2人の4人家族
趣 味:仲間とのリコーダーアンサンブル