【イベント】(終了しました)4/17「公立?民間?つくばの保育を考えるフォーラム」を開催します!

お知らせ

つくば市内には公立保育所が23ヶ所、民間認可保育所が46ヶ所あります。
このうち、9ヶ所の公立保育所が耐震不足で早急に建て替えが必要です。市は、「公立保育所の新耐震基準を満たさない施設の整備方針」を作り、7ヶ所は公立から民間に移行する方針を示しました。
保育の質という面では公立、民間それぞれの良さがありますが、働く保育士の立場からは、公立は多くの非正規(会計年度任用職員)に支えられており、民間は給与待遇に比して厳しい労働環境と、それぞれに課題があります。
また、国は「保育事業を民間に移行する」方針で、民間であれば施設整備や運営経費に国や県の補助がありますが、公立では補助が無く、市の単独支出になります。
つくば・市民ネットワークでは、こうした様々な課題を含め、つくば市の保育のあり方について、市民の皆さんと一緒に考えるフォーラムを開催します。ぜひご参加ください。みんなで考えましょう!

公立?民間?つくばの保育を考えるフォーラム
日時:4月17日(日)午後2時~4時
会場:春日交流センター 1階ホール(つくば市春日2-36-1)
主催:つくば市議会会派 つくば・市民ネットワーク
定員:40名
参加費:無料
申込方法:メールにて申込 または ℡029-859-0264


「つくばの保育を考える」アンケートにご意見をお寄せください!

つくば・市民ネットワークでは、つくばの保育を考えるフォーラム開催にあたり、保育関係者、保護者、一般市民の皆さんのご意見をアンケートでお聞きすることにしました。
アンケートは、保護者・市民の方用と、保育関係者(保育士さん他)用に分かれています。
ぜひ、ご意見をお寄せください!