うののぶこ(宇野信子)


うののぶこ活動中!

「そうだ!県議会へ行こう!」

うののぶこ・プロフィール


1965年 高知県高知市生まれ
1983年 高知県立高知追手前高等学校卒業
1987年 広島大学総合科学部卒業(人間行動科学)
広島県庁に入職(県立総合精神保健センター勤務)
1992年 つくば市に転居
2011年 つくば市公共交通活性化協議会委員
2012年~2020年 つくば市議会議員
2016年~2020年 議会活性化推進特別委員会委員長
2021年~ つくば市一般廃棄物減量等推進審議会委員


うののぶこ、県政の重要性を話し合う!

つくば・市民ネットワークは、「暮らしの中からまちづくり」をモットーに活動しています。
様々な課題に取り組む中で見えてきた県政の重要性について、うののぶこ(前市議)と現市議4人で話し合いました。

うの
うの

まず教育。市民ネットでは小中学校の特別支援教育の支援員増員を実現しました。本当は教員の増員が必要ですが、それは県の権限で、市では限界があります。大井川知事は県内10の一高を中高一貫化して高校の定員を減らすなど、一人ひとりを大切にする教育ではなく、格差を拡げる方向になっていて非常に心配です。

皆川
皆川

水道事業も。2018年つくば市の水道料金改定では、値上げ幅の抑制に取り組んだけど、水道料金の約半分は県に払う受水費。市が努力しても、県が値上げしたらお手上げです。

あさの
あさの

東海第二原発の県民投票を求める直接請求は県議会で否決されたけど、宇野さんはどう思いますか?

うの
うの

県議会が主権者である県民の意思表示の機会を認めないなんて、おかしいと思います。

小森谷
小森谷

コロナ対策の要の保健所や医療行政も県の管轄。福祉分野では国の各種支援制度の導入に都道府県の差があるし、信号や横断歩道の設置も県警の判断なんですよね。

川村
川村

洞峰公園は県の施設で、最近グランピングやバーベキュー施設等の導入が公表され、周辺住民の不安の声がたくさん届いています!

うの
うの

やっぱり県政も市民がもっとチェックする必要がありますね。
市民ネットと一緒に、県政もお任せにしない市民の輪を広げていきましょう!

日々の生活の中で、「もうちょっとなんとかならないかな?」と思うことはありませんか?

つくば・市民ネットワークでは、暮らしの中で見えてきた疑問や困りごとを持ち寄って話し合い、関係者に話を聴いたり、自分達で調べたり、広く市民同士が意見交換するフォーラムや学習会を開催して、解決策をみんなで探り、行政へ提案したり、自分達でできることを実践しています。


「情報公開」と「市民参加」でお任せにしないまちづくり!


2004年に初めて市議会議員2名を出してから18年。
これまで取り組んできたテーマは、食の安全・教育・子育て支援から、ゴミ・公共交通・障害福祉・高齢福祉・水道・総合運動公園住民投票など、多岐に渡っています。
これらの活動を通して、つくば・市民ネットワークが目指しているのは、市民が主体の「お任せにしない」まちづくり。そのために必要な情報公開と市民参加の仕組み作りに、特に力を入れてきました。

つくば市だけで完結しない問題が見えてきた!

様々なテーマに取り組む中で、最近見えてきたのは、つくば市だけで完結しない問題が多いことです。例えば、水道料金の半分は県に払う受水費であり、市立小中学校の建物は市が建てますが、先生は県が採用し、配置しています。道路の安全では、県道や一部の国道の維持管理は県の土木事務所が行い、信号や横断歩道は県警の管轄です。信号機の撤去計画が知らされ、不安の声が上がっている地域もあります。普段、県政を意識することは少ないかもしれませんが、このように、実はまちづくりの重要な部分を県政・県議会が決めているのです。

県政もお任せにしてはいられない!

その県政の現状を実感したのが2020年6月の原発県民投票を求める直接請求です。約9万筆の署名が提出され、県議会での議論に注目が集まりましたが、7割強を占める自民党会派を中心に、反対の結論ありきの展開に終始し、「東海第二原発の再稼働の是非を有権者が県民投票で意思表示したい」という願いは否決されました。
また、洞峰公園の再整備についても、県が計画段階で地域住民への説明や意見を聴く機会を設けずに進めた結果、今になって反対の声が高まっています。

市民ネットがつくばで進めてきた「市民参加」と「情報公開」を、
県政でも進める必要があります。

県政も市民の力で変えていきましょう!

「うののぶこ」の日々の活動をSNSで発信しています!
ぜひフォローしてください!