タグ別アーカイブ: 議会

9月議会が始まっています

2018年9月つくば定例市議会が始まっています。
傍聴可能な一般質問は9月11日~13日の3日間行われます。つくば・市民ネットワークの各議員のテーマと順番は以下のとおりです。12日(水)午後からの予定です。

11 皆川幸枝(通告書
学校プールの在り方、運動部活動の運営方針、学校における働き方改革、地域包括ケアシステムの現状と課題
12 小森谷佐弥香(通告書
小中一貫教育の検証結果と学校等適正配置計画、幼稚園保育施設等における子どもの安全、エネルギーの地産地消
13 宇野信子(通告書
公有地の利活用、障害児と家族を支える施策、緑豊かな街並みの維持と道路整備
14 北口ひとみ(通告書
指定管理者制度、市民公募
傍聴は事前申し込み不要、無料です。ぜひおでかけください。

2018年6月議会が始まります

2018年6月12日よりつくば市議会(定例会)が始まります。
一般質問は6月19日~21日の予定です。
つくば・市民ネットワークの4名は6月20日午後に登壇予定です。
発言通告書はこちら
宇野信子 通告書
皆川ゆきえ 通告書
北口ひとみ 通告書
小森谷さやか 通告書
傍聴は事前申込み不要です。ぜひおでかけください。

3月議会開催しています

2月21日からつくば市議会3月定例会が開催されています。
3月は例年市長の新年度所信表明が行われ、それに対する各会派の代表質問が行われます。つくば・市民ネットワークの今年の質問者は宇野信子です。
質問通告書はこちら

また一般質問が3月6~8日の予定で実施されますが、つくば・市民ネットワークの議員の質問(3月7日(水)予定)と内容は次のとおりです。
皆川ゆきえ (通告書はこちら
*学校の多忙化と生徒への支援
*中学校への司書配置
*課題解決に向けての市民参加
*跡地活用への市民参加

小森谷さやか (通告書はこちら
*学区について
*いわゆる有害図書の対応について

北口ひとみ(通告書はこちら
*遺伝子組み換え作物(ミラクリントマト)
*ソーラーシェアリング
*市街地再開発

2017年12月議会が始まりました

11月28日につくば市定例議会が始まりました。
日程はこちら

傍聴可能な会議のうち、一般質問は12/5(火)~7(木)です。質問内容(通告書)はそれぞれ議員の名前をクリックしてください。

つくば・市民ネットワークの議員は
宇野信子(12/5 1番)
北口ひとみ(12/5 2番)
皆川ゆきえ(12/6 9番)
小森谷さやか(12/6 10番)
の予定です。

本会議の最終日は12月15日(金)10時~です。

2017年9月議会始まりました

8月29日より2017年9月議会が始まりました。
議会日程はこちら
今回の議会では前年度(平成28 年度)の決算に関する質疑も行われます。

議員の一般質問は9/5~7に行われます。つくば・市民ネットワークの4人の議員は9/6(水)に登壇予定です。質問の内容は以下の予定です。
皆川幸枝 (地区相談センター、高齢福祉政策、図書館の改善、茎埼・谷田部庁舎跡地)
北口ひとみ (長高野地区における土砂搬出事業者への対応、秀峰筑波義務教育学校開校後の小中学校跡地利活用、総合運動公園の用地とされた土地のその後、福島原発事故後の区域外避難者の現況)
小森谷さやか (公設民営児童クラブの公営化、ICT教育)
宇野信子(ごみの減量とリサイクル、地区別懇談会、政策形成段階の市民参加推進)
議場での傍聴インターネットを通しての傍聴よろしくお願いいたします。スマートフォンサイトはこちら

東海第二の意見書は「趣旨採択」!

6月29日、つくば市議会は「『東海第二原発の運転期間延長を行わないことを求める』意見書提出を求める請願」の審議を行い、採択ではなく「趣旨採択」となりました。趣旨採択では意見書を提出することはできません。皆様からの貴重な署名が生かされないことになってしまいました。委員会の審議では提案者からの説明も否決され、なぜ「反対」はしないのに、「趣旨採択」なのか、という説明も尽くされないまま趣旨採択とされ、本会議での審議・採決となりました。
大変残念な結果になりましたが、周辺のほとんどの市町村では同様の意見書が採択されています。つくば市民としても引き続きできることはないか、模索していきたいと思います。

平成29年6月定例議会が始まりました。

2017 年6 月12日より6月定例議会が始まりました。
会期日程はこちら
市長提案議案等はこちら

傍聴可能な本会議のうち一般質問は6 月19 日~21日に行われます。
つくば・市民ネットワークの4人の質問内容は次のとおりです。傍聴には事前の手続きは不要です。白熱した議論をぜひごらんください。

(6月20日午後予定)
皆川 幸枝
・市民参加のまちづくりについて
・小中学校や幼稚園・保育所の発達障碍児に対する支援について
・待機児童対策について
・つくばの子育てとしてプレーパーク(冒険遊び場)の導入について

北口ひとみ
・学園地区市街地振興について
・水守地区のソーラーシェアリングについて
・秀峰筑波義務教育学校について

宇野 信子
・指定管理者制度について
・地下水について
・公共交通の改善について
 (6月21日予定)
・障害者差別解消法について
・スマホやゲームが子どもに与える影響について
・東海第二原発について

 

東海第二原発延長稼働反対に向けた請願署名を提出しました

4 月にお知らせした「『運転開始から40年を超える東海第二原発の運転期間延長を行わないことを求める』意見書提出を求める請願」、署名2665筆とともに、6月6日つくば市議会に提出されました。この署名は生活クラブ生協まちつくばが主催し、つくば・市民ネットワークも一緒に署名活動を行いました。たくさんのご協力ありがとうございました。
請願は受理された後、6月26日の「都市建設常任委員会」で審議され、本会議最終日(6月29日)に議決されます。ぜひ傍聴しましょう。

28 年12 月議会一般質問行いました

12月14日、今期初の一般質問を行いました。

1月上旬に議会街頭報告、また1月末に発行予定の通信49号にて詳細をお知らせする予定です。

速報として主な質問と答弁についてご報告いたします。

市原市長の時に比べ、五十嵐市長体制になってとても前向きの回答が多く、市長が変わるとこれほど違うのかと驚きました。
録画は12 月20 日ごろからご覧になれます。スマートフォンサイトもあります。

【宇野信子】

uno

1、市政の透明性確保について
→会議の公開に関する指針を条例化することを確認。

2、水道事業会計について
→審議会答申にある38%値上げ案は市民生活への影響が大きすぎるため、見直しを求めました。

3、公共施設等総合管理計画について
→計画策定後の進め方を確認し、推進体制づくりや人材育成、市民が活用できる白書づくりを提案しました。

4、障害児支援の充実
→児童発達支援センター設置への検討開始、支援員の大幅増員、研修の充実を確認

5、奨学生制度について
→つくば市独自の高校生給付型奨学金制度の継続を求め、前向きに検討中であると確認。

【皆川幸枝】

minagawa
1.つくバス・つくタクの見直しについて。
→市長より、市民の足となるよう、この一年ぐらいをかけて見直しをしていく、という前向きな答弁。

2.介護保険制度の見直しについて。来年度には、総合事業ということで、国から自治体へ事業が移行されます。早い段階で市民に総合事業のメニューがわかるように、情報の公開を求めました。

3.前市長時代に進められていた茎崎庁舎跡地活用について。
→現在、バス待合所の建設に向けて設計業務を発注していましたが、今回、五十嵐市長は、今年3月の説明会に参加し、市民の要望と市の案とは違うなと感じ、もっと市民意見を聞いて計画案をまとめたい、と答弁がありました。

4.冠水対策。
森の里地区と高見原地区の冠水対策について、早期に対応してもらえるよう要望しました。

【小森谷佐弥香】

komoriya

1.放課後子ども総合プランについて
児童クラブ(親の就労が条件)と放課後子ども教室(すべての子供が対象)を一体的に運営する仕組みです。児童館に変わるシステム、というとイメージしやすいでしょうか。学校施設を使うため、新たに建物を作る必要がありません。今回守谷方式(リンク)を紹介しました。執行部の答弁も前向きでした。

2.地域包括ケアシステムについて
来年度から進む地域包括支援センターの拡充とケア会議の在り方、そして在宅医療と介護の連携を考える協議会において、現場の状況に精通した委員構成にすること、を要望しました。

【北口ひとみ】
kitaguchi

1. 竹園3丁目ショッピングセンター周辺の再構築について

計画を再検討することになりました。11月に期限を迫る性急な進め方を追求し、拙速な進め方はやめるよう言及しました。また、住民の意見を十分集約し、充分な議論の下で進められるよう要望しました。

2.秀峰筑波義務教育学校について
12/9に来年4月開校予定の秀峰筑波義務教育学校について、工事の遅れにより4月の開校に間に合わないと公表がありました。急遽13日に議会で全員協議会が開催され、市長と担当者から詳細な説明が行われ、市と教育局は工事の遅れを11/8の報告で承知していたと判明。何故、その時点で対応しなかったのか、また工事の発注自体が遅れ、4月に間に合わないことが当初から予測できていたのではないかなど追及しました。工事遅れが現実となった今、教育局の予見義務や結果回避義務違反は否めない点を言及しました。今後実施予定のアンケートに際しては結論が誘導されることなく、保護者が判断できるよう双方向からの情報提供を要望しました。

3.水守のソーラーシェアリングについて
営農をしながら農地にソーラーパネルを設置するソーラーシェアリング。水守では43haもの広大な農地で進められています。あまりにも大規模なパネルの下で営農ができるのか、また認可にあたり農業委員会の判断は適切だったのか、を追及しました。この事業には法的な縛りがないとのこと。乱用を避けるために国への法整備の要請や市の独自ルールなどの検討を要望しました。

4.総合運動公園検証チームについて
市長の公約にあった「総合運動公園検証チーム」について確認しました。今議会で条例提案し設置していくとのこと。弁護士や専門家など第三者で構成される委員会を設置し、用地購入についても検証するとのこと。徹底解明を要望しました。