タグ別アーカイブ: おすすめ

容器包装プラスチック分別の開始について

通信56号でもお知らせしていますが、つくば市でも2019年4月の新リサイクルセンター稼働に伴い、容器包装プラスチック分別が開始されることになりました。
どんなものが対象になるの?
どうやって出せばいいの?
迷ったらどうすればいいの?
についてはこちらをご覧ください。(つくば市発行のチラシです)。
つくば・市民ネットワークは11/11~12の両日行われた2018環境・科学フェスティバルで、アンケートを行いました。

知っていたという方は三分の一。「環境に関心のある」フェスティバル来場者での割合ですので、全体ではどうでしょうか。
分別→リサイクルによって、燃やせるゴミの量を減らすことはつくば市では喫緊の課題です。焼却灰の埋め立て施設があと7年で一杯になってしまうからです。しかし、もっと大切なのは3RのうちReduce(削減)です。この夏、海洋プラスチックの問題から矢継ぎ早にストローに関する国や企業の対策が報じられましたが、一人ひとりの意識をReduceに向けることが大切ですね。

まちづくり会社案は白紙に
2018年11月5日更新

すでに、新聞などで報じられているとおり、つくば市が取り組んできた「まちづくり会社に市が出資してクレオ再生を図る」ことはしないことになりました。クレオを所有する筑波都市整備株式会社の売却の時間的制約もある中で、様々な取組みを行ってきましたが、議員の理解を得るまでには至らなかった、ということです。
今後は、つくば中心市街地まちづくりヴィジョン等に基づき、より具体的な施策を進めるとともに、筑波都市整備株式会社が売却する事業者と必要な調整を行います。(つくば市HPより。詳細報告は市報12月号に掲載予定)

中心市街地はクレオだけではなく、センタービル、アイアイモールなども含め、中心部の住民のためだけではないまちづくりのありかたをどのように進めていくのか、これからが正念場といえます。
*    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *

明日までです!クレオ意見募集。
すでに多くの方が意見を提出されていると思いますが、明日(10月16日)が締め切りです!
この間の説明会を受けて10月18日(木)14:00〜市議会の全員協議会が開かれます。中継はありませんが、傍聴はできます。前回(9月28日)は白熱のやりとりでした。今回の議論も見逃せません!

マスコミ等でも報道されているとおり、クレオつくばに関するつくば市の関与の方針が出ました。市が出資する「まちづくり」会社についての意見募集中です。賛否の声を届けるのは市民です。
説明資料はこちら
ご意見フォームはこちら
(数分でできます)
説明会の日程が下記4か所になりました。ご都合のよい日程でぜひ参加しましょう。

  1. 大穂交流センター視聴覚室(日時:平成30年10月9日(火曜日)午後6時から8時まで)※主に大穂・豊里地区の方が対象
  2. 茎崎交流センター大会議室(日時:平成30年10月11日(木曜日)午後6時から8時まで)※主に茎崎地区の方が対象
  3. つくば市役所2階会議室201(日時:平成30年10月14日(日曜日)午前10時から正午まで)※主に学園・TX沿線・谷田部・豊里・桜地区の方が対象
  4. 筑波交流センター多目的室(日時:平成30年10月14日(日曜日)午後3時30分から5時30分まで)※主に筑波・大穂地区の方が対象

2018年8月9日にお知らせしたクレオつくばに関するアンケート結果が公表されました。
クレオの回収に関してはアンケート1242件のうち約8割が「負担額にもよるが一定負担をしても市が関与すべき」という回答でした。
広報つくば9月号にもありますが、つくば市として以下の2つのケースを「関与する場合」として想定し、詳細な検討を開始しています。
ア)民間事業者がクレオを購入し、市が一部を賃借または購入して公共施設を導入する。
イ)市または市などが出資する法人がクレオを購入し、市が一部に公共施設を導入する。
現在の持ち主である「筑波都市整備株式会社」は年内の売却の意向を示しており、つくば市としてもかなりのスピードで検討を進め地区必要があります。
しかし、何よりも大切なのは、クレオを使う市民が、話し合いの中で交通機関のターミナルとしてのつくば駅とその周辺をどうしていったらよいかについての合意形成を図ることです。
現在進められている「クレオ再生手法検討調査」の比較検討の結果は9月議会最終日(9月28日)に議会に報告され、HPでも公開予定とのことです。

前回の記事はこちら

「総合運動公園の用地だった場所」は今

(以下A)「高エネ研南側未利用地」ってどこ?

(以下B)2015年に大きな問題となった「総合運動公園事業」の用地として取得した場所のこと。

A: 46haってずいぶん広い(注:東京ドーム9個分)けど、いくらだったんだっけ?

B: 66億円!そして今でも借入利息としてつくば市は年3400万円を払い続けているんだ。

A: ずいぶんな金額ね。これからどうするの?

B: やっぱり利用しない期間が長引くほど大変なので、売却も含めて検討が始まったということだよ。

A: つくば市としてはアイデアはあるの?

B: 市役所の中で募集したら防災拠点とする案が出されたそうだ。また、民間事業者を募って対話しながら市場の可能性を探っていくやり方*も始まっているようだ。
(*注:「サウンディング型市場調査」のこと)

A: 事業者は集まっているの?

B: 13の事業者から提案があって、2018年6月~7月にかけて、サウンディング型市場調査の報告、情報提供、意見交換が市民に向けて実施されたんだ。
「サウンディング型市場調査結果」についてはこちら
説明会で使用された資料はこちら

B: 今後、引き続き事業者との対話を重ね、検討をしていきたい、と出ているわね。市民としても意見を言える場にはどんどん出かけなくちゃね。