タグ別アーカイブ: おすすめ

クレオはどうなる?どうする?

 

 

つくば市では7月29日より、クレオに関する意見
を募集中です(8月15日まで)。
いまだ閉店がつづくクレオ。
つくば・市民ネットワークにも「今後どうなるのか、市はどうするつもりか」とのお問い合わせを多々お寄せいただいています。
つくば市議会を通して得られた情報をまとめてお届けします。

1.つくば市は、この問題を最重要課題と位置付け、持ち主の(株)筑波都市整備と協議を続けています。しかし、なかなか後に入る商業施設は見つかってないようです。

2.一方、2017年度に実施した市民へのアンケートで、導入してほしい公共施設として「図書館」「窓口センター」「市民活動総合センター」「子育て支援施設」などが挙がったことを受け、それらの施設の導入が可能かどうか、の検討を開始しました。
2018年3月、まず建物の構造・設備の調査を行いました。結果、建物自体は導入に耐えうる状況だったとのことです。

3.今後は、運営の形態・計画なども含め更に具体的な調査を行い、12月をめどにつくば市がクレオに公共施設を導入するのか・しないのかを決める予定とのことです。
調査の概要と結果は以下↓

中心市街地に関するアンケート結果
公共施設導入可能性調査報告書
なお、つくば市のHP(こちら)に現在までの状況がまとめられています。(2018年8月9日更新)

「総合運動公園の用地だった場所」は今

(以下A)「高エネ研南側未利用地」ってどこ?

(以下B)2015年に大きな問題となった「総合運動公園事業」の用地として取得した場所のこと。

A: 46haってずいぶん広い(注:東京ドーム9個分)けど、いくらだったんだっけ?

B: 66億円!そして今でも借入利息としてつくば市は年3400万円を払い続けているんだ。

A: ずいぶんな金額ね。これからどうするの?

B: やっぱり利用しない期間が長引くほど大変なので、売却も含めて検討が始まったということだよ。

A: つくば市としてはアイデアはあるの?

B: 市役所の中で募集したら防災拠点とする案が出されたそうだ。また、民間事業者を募って対話しながら市場の可能性を探っていくやり方*も始まっているようだ。
(*注:「サウンディング型市場調査」のこと)

A: 事業者は集まっているの?

B: 13の事業者から提案があって、2018年6月~7月にかけて、サウンディング型市場調査の報告、情報提供、意見交換が市民に向けて実施されたんだ。
「サウンディング型市場調査結果」についてはこちら
関連ページはこちら

B: 今後、引き続き事業者との対話を重ね、検討をしていきたい、と出ているわね。市民としても意見を言える場にはどんどん出かけなくちゃね。