議会活動

つくば・市民ネットワークは、既存のしくみによる政治ではなく、日々の生活を通して市民がネットワークを作り、まちづくりの主体として積極的な政治への参画を目指しています。
その一つとして「3つのルール」のもとに、会員から私たちの代弁者である「代理人」を選出し、議員として議会へ送り出しています。
2004年初めて2名の議員を送り出し、2012年には3名の議員へと交代し活動の幅を広げています。
その後2016年11月の市議会議員選挙で新たに1名の議員を誕生させ、4つの常任委員会すべてに籍をおくことができるようになりました。