カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

国政にうんざりしているあなたへ
市民とともに作る自治体の知恵と実践

つくば・市民ネットワークは、市政への「市民参加」「市民によるまちづくり」が進むことを目指していますが、昨年来さまざまな形での市民参加の機会が増えてきています。そこで、今回元安孫子市長として徹底した市民参加を進めた福嶋浩彦氏をお招きして「市民とともに作る自治体」についてお話いただきます。これからのつくば市に必要なものは何か?多くの方のご参加をお待ちしています。
福嶋浩彦さん講演会
2018年12月1日(土)13:30~15:.30
つくば研究支援センター会議室A
入場無料
お問い合わせ:029-859-0264
tsukubahotnet#ybb.ne.jp(#を@に変えて送信してください)

「檻の中のライオン」講演会inつくばのお知らせ

つくば・市民ネットワークでは、折々憲法についての学習会を開催してきましたが、10月22日に「檻の中のライオン」(かもがわ出版)の著者である楾 大樹(はんどう たいき)弁護士の講演会を開きます。楾先生は、全国28都道府県で200回以上の講演を実施、「そもそも憲法って?」という難しいテーマを丁寧にわかりやすくお話いただけます。
とき:2018年10月22日 10:45~
ところ:イーアスホール(イーアスつくば2F)
参加費:¥300(資料代)
お申込みはこちらから(「メール作成画面はこちら」をクリックしてください)
チラシはこちら

まちづくり会社案は白紙に
2018年11月5日更新

すでに、新聞などで報じられているとおり、つくば市が取り組んできた「まちづくり会社に市が出資してクレオ再生を図る」ことはしないことになりました。クレオを所有する筑波都市整備株式会社の売却の時間的制約もある中で、様々な取組みを行ってきましたが、議員の理解を得るまでには至らなかった、ということです。
今後は、つくば中心市街地まちづくりヴィジョン等に基づき、より具体的な施策を進めるとともに、筑波都市整備株式会社が売却する事業者と必要な調整を行います。(つくば市HPより。詳細報告は市報12月号に掲載予定)

中心市街地はクレオだけではなく、センタービル、アイアイモールなども含め、中心部の住民のためだけではないまちづくりのありかたをどのように進めていくのか、これからが正念場といえます。
*    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *    *

明日までです!クレオ意見募集。
すでに多くの方が意見を提出されていると思いますが、明日(10月16日)が締め切りです!
この間の説明会を受けて10月18日(木)14:00〜市議会の全員協議会が開かれます。中継はありませんが、傍聴はできます。前回(9月28日)は白熱のやりとりでした。今回の議論も見逃せません!

マスコミ等でも報道されているとおり、クレオつくばに関するつくば市の関与の方針が出ました。市が出資する「まちづくり」会社についての意見募集中です。賛否の声を届けるのは市民です。
説明資料はこちら
ご意見フォームはこちら
(数分でできます)
説明会の日程が下記4か所になりました。ご都合のよい日程でぜひ参加しましょう。

  1. 大穂交流センター視聴覚室(日時:平成30年10月9日(火曜日)午後6時から8時まで)※主に大穂・豊里地区の方が対象
  2. 茎崎交流センター大会議室(日時:平成30年10月11日(木曜日)午後6時から8時まで)※主に茎崎地区の方が対象
  3. つくば市役所2階会議室201(日時:平成30年10月14日(日曜日)午前10時から正午まで)※主に学園・TX沿線・谷田部・豊里・桜地区の方が対象
  4. 筑波交流センター多目的室(日時:平成30年10月14日(日曜日)午後3時30分から5時30分まで)※主に筑波・大穂地区の方が対象

2018年8月9日にお知らせしたクレオつくばに関するアンケート結果が公表されました。
クレオの回収に関してはアンケート1242件のうち約8割が「負担額にもよるが一定負担をしても市が関与すべき」という回答でした。
広報つくば9月号にもありますが、つくば市として以下の2つのケースを「関与する場合」として想定し、詳細な検討を開始しています。
ア)民間事業者がクレオを購入し、市が一部を賃借または購入して公共施設を導入する。
イ)市または市などが出資する法人がクレオを購入し、市が一部に公共施設を導入する。
現在の持ち主である「筑波都市整備株式会社」は年内の売却の意向を示しており、つくば市としてもかなりのスピードで検討を進め地区必要があります。
しかし、何よりも大切なのは、クレオを使う市民が、話し合いの中で交通機関のターミナルとしてのつくば駅とその周辺をどうしていったらよいかについての合意形成を図ることです。
現在進められている「クレオ再生手法検討調査」の比較検討の結果は9月議会最終日(9月28日)に議会に報告され、HPでも公開予定とのことです。

前回の記事はこちら

「総合運動公園の用地だった場所」は今

(以下A)「高エネ研南側未利用地」ってどこ?

(以下B)2015年に大きな問題となった「総合運動公園事業」の用地として取得した場所のこと。

A: 46haってずいぶん広い(注:東京ドーム9個分)けど、いくらだったんだっけ?

B: 66億円!そして今でも借入利息としてつくば市は年3400万円を払い続けているんだ。

A: ずいぶんな金額ね。これからどうするの?

B: やっぱり利用しない期間が長引くほど大変なので、売却も含めて検討が始まったということだよ。

A: つくば市としてはアイデアはあるの?

B: 市役所の中で募集したら防災拠点とする案が出されたそうだ。また、民間事業者を募って対話しながら市場の可能性を探っていくやり方*も始まっているようだ。
(*注:「サウンディング型市場調査」のこと)

A: 事業者は集まっているの?

B: 13の事業者から提案があって、2018年6月~7月にかけて、サウンディング型市場調査の報告、情報提供、意見交換が市民に向けて実施されたんだ。
「サウンディング型市場調査結果」についてはこちら
説明会で使用された資料はこちら

B: 今後、引き続き事業者との対話を重ね、検討をしていきたい、と出ているわね。市民としても意見を言える場にはどんどん出かけなくちゃね。

ダンボール・コンポスト講習会を開きます

環境・ごみ部会では、恒例のダンボール・コンポスト講習会を今年も開きます。「ダンボール・コンポストって何?」って方も、実践中で「こんな時はどうしたら?」という方もぜひご参加ください。
5月26日(土)10:30~12:00 つくば・市民ネットワーク事務所
チラシはこちら

2018年度予算要望項目の回答が届きました

つくば・市民ネット―ワークでは、市政や地域の課題について話し合い、市政での解決が必要と考えられることについて、毎年「次年度の予算編成に向けての政策提案」を行っています。2018年度は2017年11月2日に「2018年度予算編成に向けての要望項目」をまとめ、五十嵐市長へ提出しました。つくば市からの回答が4月19日に届きましたので、お知らせします。
今後はこの回答をもとに、市民ネットの各部会で調査、市への聞き取り、議会での一般質問を通して次の提案へとつなげていきます。市政に関する疑問、提案をぜひお寄せください。

つくば・市民ネットワーク2018年度予算要望項目と回答

「日本と再生」上映会を行います

世界を駆動させるのはあふれる自然の力!
そして太陽、風、地熱、バイオマスetc.日本は 資 源 大 国 !

脱原発弁護士・河合弘之氏と環境学者・ 飯田哲也氏が、世界の自然エネルギーの 実情を知る旅に出ました。その活況を映像化した作品です。ぜひご覧ください。
5月12日(土)13:30〜15:30 小野川交流センター
5月16日(水)10:00〜12:00 小野川交流センター
参加費:¥500
託児希望の方は事前にご連絡ください(TEL029-859-0264)
案内はこちら