つくば・市民ネットワーク
農業部会

つくば・市民ネットワークは、食の安全を求め、遺伝子組換え反対の請願活動に端を発して設立されました。当初から「食」と「農」の問題には積極的に取り組んでいます。

主に、ストップ!遺伝子組換え運動や、持続可能な農を目指して、調査・研究・提案活動をしています。

ストップ!遺伝子組換え運動は研究機関への栽培中止要請や2005 年から遺伝子組換え大豆を食べない・買わない・作らせない大豆畑トラスト運動への参加呼びかけを行っています。

これまで、市に提案し、実現した政策等は以下のとおりです。
2006 年:「遺伝子組換え作物の栽培に係る対応方針」策定
2007 年:「つくば市遺伝子組み換え作物栽培連絡会」設置
2012 年: 自家栽培農産物の放射線無料測定を実現
2015 年:つくば市農業基本計画策定

【これまでの「農業部会」投稿の一覧】