tsukuba-net のすべての投稿

12 月議会傍聴のお知らせ

12 月5 日より始まった定例議会ですが、本会議、一般質問、各常任委員会については傍聴が可能です。
12月議会日程

つくば・市民ネットワークの4人の議員の一般質問は12月14日になる予定です。初登壇の小森谷佐弥香はじめ、各議員は今回も「これだけは」と絞り込んだ話題についての質問を行う予定です。傍聴は何よりの支援、力になります。ぜひお出かけください。なお、中継はこれまでwindows medeia playerのみでしたが、今回よりスマートフォンからも見られるようになりました。大きな進歩ですね。
スマートフォンサイトはこちら

12 月議会はじまりました

12 月 5 日より平成 28 年 12 月つくば市議会が開会しました。
初日は市長の就任(所信表明)、正副議長、議員の所属常任委員会を決めました。
つくば・市民ネットワークは、この間「4つの常任委員会すべてに委員を出すこと」を目標に、市議4人の当選を目指してきましたが、以下のとおり所属が決定いたしました。
北口 ひとみ :環境経済常任委員会(委員長)
宇野 信子  :都市建設常任委員会(副委員長)
皆川 幸枝  :総務常任委員会
小森谷佐弥香:文教福祉常任委員会

委員会ではこれからさまざまな議案等の審議が行われますが、委員として常に市民目線で議論を進めていきたいと考えています。ご意見、また傍聴やパブリックコメントなどさまざまな形でのご参加どうぞよろしくお願いいたします。

 

街頭演説会開催しました

11月26日小春日和の午後1時から、つくばセンター広場(Bivi付近)で街頭演説会を開催しました。11月13日の選挙で当選した4議員+元議員が今後の抱負について語りました。ご来場いただいた皆様ありがとうござimg_4472sいました。
「こんなまちにしたいね」ボードはセンター地区だったためか「図書館の充実」を望む声がたくさんありました。演説の動画はつくば市民ネットワークFacebookでご覧いただけます。

20161126tsushin_gogai

当日配布した「通信号外」です。詳しい内容はリンクからお読みいただけます。

 

街頭報告会を開催します

この度の選挙で4人の市議が誕生しました。かねてよりポスター等でお知らせしていました街頭報告会を開きます。これまでの活動や新しい市政に向けての取り組みをお話します。
なお、ご来場いただいた皆様に「つくばのココ、こうしたらイイね!」と夢を書いていただく「夢ボード」を設置します。
合わせてたくさんのみなさまのご来場をおまちしております。
opinion_board
とき :11月26日(土) 13:00~
ところ:つくばセンター広場
報告者:皆川ゆきえ小森谷さやか
うののぶこ北口ひとみ
永井悦子、瀬戸裕美子(元市議)

 

 

4人当選しました

20161114%e4%bb%a3%e7%90%86%e4%ba%ba4%e4%ba%ba%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f2
昨日11月13日、つくば市議会議員選挙の投開票が行われました。
おかげさまでつくば・市民ネットワークから立候補した4人の候補は全員当選しました!
皆様のご支援、ご協力に心から感謝しております!!
ありがとうございました。
市民力で勝ち取った議席です。
新しいつくば作りが今日から始まります。
つくば・市民ネットワークは総獲得票数11118票の重みをしっかりと受け止め、これまで同様、「暮らしの中からまちづくり」をモットーに、皆様の声を集めて政策につないでまいります。
また、市長選では、つくば・市民ネットワークが推薦したいがらし立青氏が初当選しました。
議論の土俵が整い、これからが本番です。
是々非々で議論・協議を踏まえ、市民の声が届く市政づくりをしていきますので、
どうぞご一緒に「新しいつくばづくり」をしていきましょう!!
 《確定得票数》
北口ひとみ :2626票
うののぶこ :2623票
皆川ゆきえ :3154票
小森谷さやか:2715票

こども部会カフェ開きました

新学期が始まり、ママたちはようやくホッとした感もありますが・・・
9/5(月)子ども部会カフェを市内のSCで開きました。20160905_edu-cafe
話題は昨年からつくば市に出してきた要望はどうなっているのか、という確認。そしてメイントピックは2018年から教科化が予定されている「道徳」ってどうなの?でした。

小学校の道徳は文部科学省の2学年ずつの「教科書」(副読本扱い)とは別に、各学校で採択している副読本があり、どのように使うかは先生によtextbookって違うようです。いろいろ見比べてみて、とにかく「教科化にあたってどのように進めるかに関する情報を公開してほしいね」という意見で一致しました。

2025年問題って?

薬剤師の業界も数年前から厚生労働省に「これからは在宅医療ですよ!ちゃんと取り組んでくださいね~!」と言われ続けています。
それもそのはず、来たる『2025 年問題』は本当に深刻な問題です。ご存知の方も多いと思いますが、少し数字を整理してみました。
『2025 年問題とは?』
・団塊の世代が75 歳を超えて後期高齢者となるのが2025年。
(団塊世代=第1次ベビーブーム=S22 ~24 年生まれの人)
・65歳以上が全人口の1/3、75 歳以上が1/5を占めるようになる。
・認知症患者は65歳以上の1/8に急増、前段階の人を含めるとさらにふくらむと推計されている。
世界のどこの国も体験したことのない、超高齢社会の到来です。
ということは、世界に先駆けて医療システムの変革をしていかなければならない、ということになります。
そのひとつの光明が多職種で連携して在宅医療のシステムを構築すること。
7月につくば市役所で開催された地域包括ケアの勉強会で、講師の東京大学高齢社会総合研究機構・辻哲夫先生(地域包括ケアの第一人者)は、従来の「治す医療」に加えて「支える医療」へ医療政策を方向づけるべきだとして、
・予防からケアまでをカバーできるかかりつけ医を育成し、
・病院の専門医や他職種と連携して、
・在宅医療を充実させていかなくてはならない
とおっしゃっていました。
また、「患者」は「生活者」であることが大事で、出来る限り元気で、たとえ弱っても住み慣れた地域で安心して住み続けられる環境を整えるべきだ、と柏市での地域包括ケアシステムの取り組みを紹介されていました。
この講演会にはつくば市職員の出席も多く、つくばの在宅医療・介護の連携推進をどうすすめていくべきなのかを模索している様子も伺うことができました。
人生の最後の間際まで元気で過ごすにはまずは生活習慣病の予防がよく言われますが、それだけではなく、高齢でもできる範囲で体を動かしたり、栄養面・口腔機能でも正しい知識を得たり(後期高齢者では虚弱NG!70を超えたら食事制限はしなくてよいとも言われています)、人とのつながりを持ち、社会性を維持することが重要です。
介護施設の役割はそれはそれとしてもちろん必要なものですが、「家に帰りたいよ・・・」と言い続けて亡くなった祖母のことを思うと、住み慣れた家で最期を迎えることのできるシステムができたら、喜ぶ人は多いのではないかと思います。
2025年まであと9年です。
みんなで知恵を出し合う場があるといいですね。
(小森谷さやか)

「議員と話そう!」会の
お知らせ

Facebookでもお知らせしておりますが、明日
8月7日(日)14~16時、竹園交流センター1階・和室
にて、つくば・市民ネットワーク主催「議員と話そう」会を開きます。

6月議会の報告もしますが、今回は現在進行中の「竹園ショッピングセンター周辺再開発」の進捗状況などの情報交換をしたいと思います。

先日、竹園東中学校区6000軒にはつくば市からのお知らせがポスティングされましたが、案の内容はしめされていません。

また、7月30日には、つくば市の担当課が、竹園東中学校区内の区会26、幼保小中の各PTA6、計32団体の代表者に参加を募集しタウンミーティングを開催しましたが、再構築案は未だ示されていないそうです。
タウンミーティングの様子や担当課でお聞きした話など交え、みなさんからご意見をいただければと思います。
猛暑の中ですが、涼しいところでお話ししませんか?

つくば市教育振興基本計画懇談会を傍聴してきました

つくば・市民ネットワークでは傍聴可能な会議には積極的に傍聴参加しています。
8/2には「第二期つくば市教育プラン」のパブリックコメントに関する懇談会がありました。
一か月の募集期間で12名46件の意見が寄せられました。寄せられた意見の原文は以下で確認することができます。

パブリックコメントに寄せられた意見

意見にはつくば市が回答しますが、懇談会では回答案に対して委員の質問・意見が寄せられました。やり取りのなかから委員の方々の考え方がわかり、また担当職員も意見を受けて回答がその場で変更されたり、といった活発なやり取りが聞かれました。その中で、「パブリックコメントに意見を出すというのは相当に勇気のいること」という委員の発言があり、改めて意見を出していくことの大切さを実感しました。

質問と回答案の一例
続きを読む つくば市教育振興基本計画懇談会を傍聴してきました