つくば・市民ネットワークのあゆみ

つくば・市民ネットワークのこれまでのあゆみ

2003 年 生活クラブ生協茨城つくば支部の有志により、つくば・市民ネットワークを発足
2004 年 代理人永井えつこ、せとゆみこの2 名がつくば市議会議員選挙で当選
2005 年 「つくば・市民ネットワーク通信」創刊
(2016 年現在47 号を発行)
つくば市に対して政策全般にわたる提案を行う
(以降、毎年実施)
2006 年 大豆畑トラスト運動inつくばを立ち上げ
2008 年 永井えつこ、せとゆみこの2名、つくば市議会議員選挙で再選
2012 年 北口ひとみ、うののぶこ、皆川ゆきえの3 名、つくば市議会議員選挙で初当選
2015 年 事務所をつくば市二の宮に移転

つくば・市民ネットワークが働きかけて実現したつくば市の施策

2006 年 市内全小学校へ司書補助員を配置。
遺伝子組み換え作物の栽培に係る対応方針を決定。
2007 年 学園地区の住宅地の高さを制限する条例を制定。
2008 年 レジ袋の無料配布を中止する協定を締結。
2009 年 保健師による新生児全戸訪問事業開始。
2011 年 市議会本会議のインターネット中継開始。
2012 年 議会改革(一般質問を3回方式から一問一答方式へ)
2013 年 市庁舎に放射線測定器(ゲルマニウム半導体検出器)設置
2014 年 議会基本条例を制定。
2015 年 議会改革(各議員の議案に対する賛否公開。議会主催の議会報告会の開催)
総合運動公園基本計画についての住民投票実施。
基本計画白紙撤回

 

つくば・市民ネットワーク これまでの活動報告はこちら